家庭用脱毛器ケノンでデリケートゾーン(VIO)脱毛するときのレベル

ケノンをデリケートゾーン(VIO)でつかう場合のレベルなど注意点です。
デリケートゾーンはその名前の通りデリケートな部位のことです。

 

肌質が前身の中でも特に弱い部分ですから慎重に脱毛をしなければ肌トラブルになりかねませんねので注意が必要になってきます。
どのような注意が必要なのか見て行きましょう。

 

先に家庭用脱毛器ケノンでデリケートゾーン(VIO)の脱毛ができるかについてですが、禁止はされていません。
しかし、推奨もされていません。

[スポンサードリンク]

デリケートゾーンはVライン、Iライン、Oラインにわかれます。
Vラインについては脱毛を推奨されていますが、IラインとOラインについては推奨されていません。
公式サイトの脱毛例を見てもVラインは明記されていますがIラインとOラインはありませんね。

 

販売店であるエムロックの見解では不可能ではありませんが、自分で脱毛するには難しい部位になるので注意して脱毛するように呼びかけています。
VラインとIOラインの扱いの違いは、自分で確認しながら脱毛することが簡単か難しいかの違いになってきます。

 

Iラインに関して言えば鏡を見ながらやることはできるかもしれません。
Oラインは鏡を見ながらでも手元が安定しないので難しいでしょう。

 

販売する側としてはこのような簡単に扱うことができない環境を推奨してしまうと事故になり責任問題に発展する場合もあります。
販売しているエムロックは利用者との信頼を大切にしていますから万が一のことも考えて推奨していないと考えられます。
デリケートゾーンは黒ずみが多く見られるというのも推奨しない理由のようです。

 

推奨はされていませんが、自己責任であれば脱毛はしても良いという見解です。
本来であればこのような自分で脱毛が難しい場合は、面倒でも脱毛サロンなどへ通うことをオススメします。

 

デリケートゾーンですから肌トラブルになりやすい部位です。
プロに任せる方が安心できると思いますのでオススメしたいですが、脱毛サロンだと費用が高くなりがちなのでケノンでできるならそうしたいですね。
家庭用脱毛器はそういうところが良い所です。

 

ここから先は注意点について紹介していきます。
デリケートゾーン(VIO)はデリケートですから注意点を守り正しく脱毛するようにしましょう。

 

デリケートゾーンを脱毛する場合は色素沈着には気をつけなければいけません。
気をつける必要はあるのですが、IラインやOラインというのは黒ずみが多い部位になります。

 

デリケートなうえ、色素沈着による黒ずみが多いという面倒な部位なんです。
デリケートゾーンが黒ずんでいるのは誰も同じです。

 

なぜデリケートゾーンは黒ずみが発生しているのか?
IラインやOラインの黒ずみが多い理由は、この部位は刺激が多いからです。
普通下着は身に付けるものですよね。

 

この下着が常にIラインやOラインにフィットしています。
座っている時や寝ているときは密着していますね。
Vラインも下着のゴムで締め付けられているため黒ずみます。

[スポンサードリンク]

ケノンで採用している光脱毛はメラニンに反応する光を使って脱毛します。
肌の黒ずみの原因はメラニン色素です。
メラニン色素は刺激を与えるとそこに集まってきて黒ずみを作ります。

 

光脱毛はメラニンに反応するわけですから、肌の黒ずみにも反応します。
脱毛する場合も多少の痛みが伴いますが黒ずみがあれば、その分痛みが増します。

 

もしデリケートゾーンの脱毛をこれからするというのであれば少しでも黒ずみを減らしておいたほうが良いです。
肌トラブルになりやすい場所ですから慎重になったほうがよいでしょう。

 

美肌クリームを根気良くつかうこと、サイズの合った下着を着用して刺激を与えないようにすることなどできる限りの対策を行います。
ケノンには美顔器用のカートリッジも付属します。

 

美顔器カートリッジを使ってシミなどに効果がでたという事例があるそうなので活用してみるのも手かもしれません。
顔に使うカートリッジをデリケートゾーンに使うのは抵抗があるかもしれませんが。

 

デリケートゾーンの黒ずみがよくなってきたら脱毛に入りましょう。
脱毛をする前には必ずシェーバーで手入れをしておきます。

 

ケノンと同時購入限定ですがラヴィアIラインシェーバーというものが購入できます。
これはデリケートゾーン専用のシェーバーになります。

 

剃刀による手入れは肌に刺激を与えて黒ずみの原因になります。
必ずシェーバーを使いましょう。

 

デリケートゾーン脱毛のコツは根気よくやるということです。
デリケートゾーンは脱毛効果がなかなか実感できない部位です。

 

効果が実感できないからといって最初から高いレベルで照射したらトラブルに成る可能性があリます。
最初はレベル1に設定して6連射機能も使い一番弱い状態からスタートします。

 

そこから徐々にレベルを上げていくのが良い方法です。
下着の擦れ程度の刺激で黒ずみになるくらいですから最新の注意を払って脱毛するようにしましょう。

 

デリケートゾーンはIラインやOラインは特に脱毛が難しい部位になります。
そのため事前に対策を施しておく必要があリます。
肌トラブルの防止のためにも万全の状態で脱毛に望むのが好ましいです。

▼正規販売店で購入はこちら▼

 

 

[スポンサードリンク]

コメントは受け付けていません。